×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2013年2月17日 第20回記念 泉州国際市民マラソン 応援太鼓 


12時10分、本町へ。鳴物は叩かれていませんでした。
 
よく見る春木北の看板。この「春木北」の響きが好きなんです。かつての春木南に対する北を示すのか、春木交差点の北なのか気になるところ。
路地へと入る標識にはビニールが被せられている。もしコース上すべての箇所でこうしているなら膨大な数ではないでしょうか。
 
そして若松町へ。
 
ヒエン・地垂木には<若>の文字が入っている 
鳴物が以前と少し変わったように感じました。
12時37分、扉が閉まった。
後尾の規制解除車が通過し、引き揚げ開始。(今年もクラウン隊列は見れず)
まだ規制が完全に解除されていないのでひっそりとしています。(お昼でこの光景は時間が停止したような感覚になります)
 
こちらは「春木」看板
 
始点の本町方面へ。
 
既に締まっていた。1月に地車を地車庫横に出していた様ですね。(大太鼓の取り外し?)
 
 もうすぐいつも通りの車道へと変わりそうです。
 

 
鳳アリオへ用事があったので途中で撮影。セカセカしてたので地元での立て看板を撮り忘れた。(今年は20回記念なんですね)
 
地元にあるセブイレの看板。やたら正確な距離が書いてあるので、見る度に「細か!」って(心中で)ツッコミ入れてます。(北本さんではコマ跡がありました。宮山かな)