×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2011年9月17日(土) 岸和田市春木地区 宮川町

8時45分、宮川町へ
今年は年番長、パレード一番です。
お目当てはパレード時限定の復刻法被。10月から放送される「カーネーション」に合わせ復刻されました。
8時50分、出発
   
 纏頭は昨年新調。バレンの亀甲に角<宮>の意匠は復刻法被のエリにも入っている
沿道に献灯台が設置される以前は向いの建物2階に献灯台設置されていた。
会館の筋から地車が出て来ます。
直線ダッシュ 
此度の法被は平成5年〜12年まで使用されていた。
     
 平成13年、大下工務店にて大修理 (屋根・台木・組物交換)
願うくば、交差旗無し・玉結び・屋根房の復刻を期待しましたが化粧は通常でした。
  
玉は年季入ってます。水引幕が良いですね。(大修理前の大国町も同系でした。本町は先代から今も踏襲している) <2006/12/31 カウントダウン時>
少し停まって時間調整
8時55分、旧26号線を横断
     
昭和15年(1940)新調、今年で新調72年目を迎えます。
宮川町の地車として昭和40年(1965)に購入、現地車になって47年目。
交差旗と町名旗は、H13年に新調。(幟もS62には今の幟)
 
     
 
 
 この後は本部方面に向かったので、宮川町の旧26から本部方面のやりまわしは見れずでした。
パレード時、一部の団体が復刻法被になるのは見るがほぼ全団体は稀かと
 

modified 2014/6/19